リサイクルトナーの導入

企業のリサイクル意識

 私たち人間は、地球のあらゆる資源を消費して快適な暮らしを得ています。しかし、それらの資源は無限にあるわけではありません。あらゆるものには限りがあるのです。それは、人間も同じことです。当たり前に聞かれるようになった「リサイクル」という言葉。しかし、快適な暮らしが可能な現代において、本当にリサイクルを実行している人たちは少ないのではないでしょうか?

今やリサイクルは、ニュースや新聞、テレビでもさかんに叫ばれています。世界のあらゆる国々が、少しでも限りある資源を守るために、リサイクル推奨を行っています。そして、その傾向はサービスを展開する企業の考え方にも影響を与えました。現在は、使ったら捨てるといった考え方から、資源を有効的に活用しようという循環の時代へと変化しています。それが企業のサービスにも影響を与え、今やあらゆる企業にとってリサイクルは当然のこととなったのです。

リサイクルに取り組むことは、次の世代の子供たちのためにも必要なことです。企業にとって、リサイクルを行うことはイメージアップにも繋がります。資源を使って商品を作成し、その使い終わった商品を回収・資源に戻し、それをまた新たな商品として再生する。この循環の流れは、企業のイメージアップだけでなく、売り上げにもそのまま直結します。今や消費者も、リサイクルしやすい商品を提供する企業を選びますので、リサイクルしながら売り上げアップが期待できるのです。

では、一般の企業は何ができるでしょうか?会社の中でできるリサイクルとは何でしょうか?そこで当サイトでは、リサイクルトナーを推奨しています。会社の中で、毎日使い続けるオフィス用品と言えば「プリンター」だと考えています。コピー用紙やインクなどは当然ですが、コストが高く、今までは一度使ってしまったら新しものと取り替えていた「トナーカートリッジ」を再利用するリサイクルトナーは、自然環境に優しい行動だと思います。今や販売会社も、リサイクルトナーを取り扱っている会社が多く、新しいトナーを購入することはあまりにも資源の無駄遣いのように思えます。会社の中で行えるエコ、リサイクルトナーを導入しませんか?

リサイクルトナーについて

 リサイクルトナーは、使い切ったトナーを回収して消耗部材を交換してまた再利用(リサイクル)することです。現在トナーを販売している会社は、このリサイクルトナーは当然ののサービスとして提供しているのです。今やリサイクルトナー多数あるのが当たり前。企業も販売側も、エコを意識して取り組む必要があります。リサイクルトナーは、再生可能なトナーカートリッジを使用します。トナーカートリッジを回収・消耗部材を交換、そして新品同様に再生して利用する、まさに「リユースリターン方式」の考え方です。販売会社が行っているリサイクルトナーは、即日出荷可能な「リユース即納方式」や、即納在庫がない場合は通常のリターン方式などさまざまです。

>>高額買取・きれいに片付けの・・杉並区パラレルハウス、杉並区武蔵野のリサイクルショップです。

 リサイクルトナーを使用することにより、オフィスから出る無駄なゴミの量を確実に減らすことができます。それに、トナーを再利用することで資源の有効活用となり、問題になっている廃棄物の減少にも繋がっていきます。リサイクルだからといって、品質が極端に落ちるわけではありません。永久にリサイクルできるというわけではなく限度回数があって、カートリッジの種類にもよるのですが、最大で5回までトナーカートリッジをリサイクルして使用することができます。また、カートリッジの構造によっては再生できないトナーもあるのですが、現在販売されているトナーの約60〜70%はリサイクルトナーとして利用可能です。

欧米では約50%の企業がリサイクルトナーを使っていて、その注目度はとても高いといえます。日本では、まだ20%と低く一部の大手企業や官公庁が使用している程度です。本当に企業がエコロジーを考えるなら、リサイクルトナーを使用することが環境破壊を抑えるためにも企業にとって必要なのではないでしょうか?

Copyright (C) 2008 リサイクルトナーエコ. All Rights Reserved.